パワーストーンブレスレットに効果はある?

パワーストーンにははたして効果があるのか、それともないのか。
このような根源的な疑問にぶちあたったことはありませんか?
ここではあえてパワーストーンブレスレットに対して否定的な意見を見ていくことで、パワーストーンの効果について考えていきましょう。
<パワーストーンはサギだ、と考える人>
「パワーストーンブレスレットなど、サギだ。実際には何の効果もない」
「ただの石ころに、法外な値段をつけて売っている」
と考える人は、確かにいます。
trthrhtr
パワーストーンというのは、明確に「○○に対して絶対的な効果がある」と言えるものではありません。消毒液のように、これを使えば傷口の消毒ができる、というものではないのです。
また、パワーストーンのメーカーのなかには、派手な謳い文句を使い、「これを買えば人生が薔薇色になる」とするところもあります。
このようなところを見ていると、確かに否定的な意見を持つのもわからないではありません。
<パワーストーンブレスレットは「お守り」である>
ただ、このような理屈でいうと、神社などに売られている「お守り」もすべて「サギである」ということになってしまいます。これらも、消毒液のような明確な効果があるものではないからです。
これではあまりに乱暴ですよね。
実際のところ、パワーストーンブレスレットというのは、神社のお守りのようなものだと考える方が自然です。
それを持つことによって、目に見える効果がなかったのだとしても、持っていることで何となく心強い気持ちになれるもの。
そのような「安心感」を持つために、パワーストーンブレスレット【オーダーメイド】|プレシャスは有用なのです。
パワーストーンブレスレットは、値段に大きな違いがあります。
これはどうしてでしょうか?
また、値段によって効果に差は生じるのでしょうか?

<パワーストーンブレスレットの値段を決めるもの>
パワーストーンブレスレットの値段を決める要素というのは、複数あります。そのなかでももっとも大きいのは、「石のクオリティ」でしょう。
hyrhyrs
高いパワーストーンというのは、それだけ良質なものであることが多いです。そのため、「観賞用」としても十分通じるものである可能性が高いという特徴があります。産地などにもこだわっています。
そのため、同じ「クリスタル」であっても、美しさなどが変わってくるのです。
次の要因としては「人件費」ですね。
インターネットショップしかやっていないパワーストーンのお店ですと、店舗の運営費がいりませんから、その分お買い得になる可能性が高いのです。
<効果の違いについて>
「値段によって効果が違うのか」というのは、非常に難しい質問です。というのも、そもそもパワーストーンの場合、日焼け止めのように、「これは紫外線に対してこれくらいの強さで働き、これくらいの時間もつ」というように数値化できるものではないからです。
そのため、値段によって効果は変わるかもしれないし変わらないかもしれない、という非常にあいまいな答えになってしまいます。
ただ、値段の高い、安いよりも、どちらかというと、「そのパワーストーンをどれほど丁寧に扱っているか」の方が問題になるようです。

●パワーストーンブレスレットについて

更新情報

http://www.spstone.com/