ボトックス治療でワキガを治す

ワキガで悩んでいる人へ!ボトックス治療でワキガを治すことができる!? - ボトックス治療でワキガを治す

ボトックス治療でワキガを治す

ボトックス治療によるワキガや多汗症の改善は、最も手軽かつ効果的な治療法として人気があります。
汗のにおいやべたつきによる不快感、衣類の汗じみ・黄ばみにお悩みの人におすすめの治療法です。
「ボトックス注射」について、聞いたことはあるけどどんな治療をするのか、よく知らない人もいるでしょう。
ここでは、ボトックス注射の基本とそのメリット・デメリット、ワキガに対してどんな効果があるのか、初心者向けに解説していきます!

ボトックス治療はどんな方法なのか?

ボトックス治療の「ボトックス」とは、筋肉の緊張やけいれんをほぐし、弛緩させる作用を持つ成分です。
もともとはボツリヌス菌が作り出す毒素ですが、その有益な作用だけを医療用に改良し、安全な成分として注射しています。
ボトックスには、汗を分泌させる「アセチルコリン」という神経伝達物質も抑制する働きがあり、これがワキガや多汗症に効くのです。
hrifytd
さらに、皮脂腺や毛穴に作用して、汗の分泌や菌の繁殖など臭いの原因を抑えてくれるんです。
ワキガ治療だけでなく、シワやエラをとり小顔でハリのある肌に導く効果もあります。美容外科の方面でも注目を浴びていて、多数の実績があります。⇒エラ ボトックス
先天的な筋肉の障害や、事故の後遺症の改善においても脚光を浴びています。
大掛かりで体に負担になるようなことはせず、ボトックスをワキに注射で打つだけ、という簡単な治療法です。治療時間はごく短時間で済むので、とても敷居が低いのもポイントですね。
コストや痛み、術後の経過の面でも手術よりリスクが低く、施術を受けやすいことからワキガ・多汗症治療の定番となっています。

どんなメリットがあるのか?

注射をするだけなので、身体に大きな傷跡が残ったり、術後の副作用のリスクもほとんどなく、安全かつすぐに治療が終わるのが最大のメリットでしょう。
ワキのにおいだけでなく、特に人からの視線も気になる女性でも、傷跡が残らない注射だけなら安心ですね。
手術のように汗腺から取り除くわけではないので定期的な施術は必要ですが、軽い多汗症なら、数回の注射で永久的に改善する例もありますので、あなどれません。
手術後の回復期間も短く、すぐにいつも通りの生活が送れるので支障をきたさず無理なく治療ができます。

デメリットはあるのか?

ボトックス注射を一回するだけで、永久的に多汗症・ワキガの症状が治まるわけではありません。
3か月〜6か月になると症状が復活し、再度注射をし続けなければならないのが大変だと感じるかもしれません。
ですが、複数回の注射を続けることで症状の再発も治まっていく例も珍しくは無いので、何度か受けてみるだけのメリットもあるんです。
ワキガが軽ければ、一年中ボトックス治療を受けなくても十分かもしれません。冬場は通常のデオドラント対策をしながら、汗をかきやすい夏の前だけ注射をする、というように他の対策・治療法と上手く併用してみましょう。

こんな嬉しい効果もある!

ワキガや多汗症の原因である神経伝達物質を抑制する作用はもちろんですが、ボトックス注射がきっかけで精神的にいい影響があり、それが症状を抑えることにもつながります。
自信がついたおかげで、一度の注射だけで多汗症がすっかり治ってしまったという人もいるくらいです。
そこまで行くのは稀な例ですが、何度か注射を受けて、しだいに症状の程度が下がっていくことは誰にでも期待できるでしょう。
多汗症は精神的な影響も大きいので、「汗をかいてはいけない」「においに気付かれたらどうしよう?」といった不安や焦りが、余計に症状を悪化させていることは多いんです。
そんな悪循環を断ち切って、精神的なゆとり、自信をも保つためにも、ボトックス注射を受けてみてはいかがでしょうか?

更新情報

ページ上に戻る